コンタクトレンズとメガネ

コンタクトレンズ メガネ

併用しても良いのか

コンタクトレンズとメガネは互いに視力矯正を目的にした方法で、どちらが目に良いのか考えたことはありますか?
コンタクトレンズは良い点と悪い点がそれぞれあります。
コンタクトレンズにはハートレンズとソフトレンズがあります。
ハードとソフトの違いは何かと言うとハードレンズは酸素を通し易くなっています。
その名の通り硬いレンズで、眼球とレンズの間に異物が入ったりすっれば、眼球に傷がつきやすいため、ソフトレンズ好む人も多いのですが、ソフトレンズの場合、水分を吸収して細菌が繁殖し易く目の病気になり易いと言われています。
正しいケアをすることで、安心して使用できますが、なんと言っても枠がなく、視野が広く見えるということと、煩わしさがないことや、女性の場合ではコンタクトレンズであれば表情の豊かさが出て良いとも言われています。
さらにお風呂やスポーツなどでレンズが曇るということがありません。

メガネの場合、顔の印象を大きく変えるため、目にコンプレックスがある人ではメガネはファッションとして選べます。
細菌の繁殖や感染症の心配がありません。
反面、湯気や汗により曇るとそのたびに拭かなければなりません。
割れたり曲がったりの破損時に買い替えをする時に高くつくというデメリットと掛けているときの顔がインパクトが強いため、外すと気付かれない、視野が狭いなどのデメリットもあります。

コンタクトレンズとメガネは互いにメリットとデメリットがありこれを併用すると良いでしょう。
昼間の活動期にはコンタクトを装着して家では外すというようにその場に応じて併用することが目に良いとされます。