コンタクトレンズとメガネ

コンタクトレンズ メガネ

メリットで比較

視力を矯正する手段として、コンタクトレンズやメガネは便利な道具です。両者ではどちらの方が優れているのでしょうか。どちらにもメリットデメリットが存在するため、一概に一方が優れているとは答えられません。使用する人の特徴や、使用する場面により使い分ける方法が理想的となります。正しく使用するためにも、その特徴について比較してみましょう。コンタクトレンズのメリットといえば、ほぼ全方位における視力矯正です。コンタクトレンズは眼球を覆うものですので、矯正される視野において特に優れています。メガネの場合ですと、構造上眼球から離れた位置で装着するため、矯正されない範囲が少なからず存在してしまいます。また、フレームは視界を遮るため、煩わしく感じられるものです。一方、メガネを使用するメリットは、装着と着脱が簡単なところやお手入れがしやすい点です。最近では、フレームとレンズの種類が多く、様々なバリエーションが楽しめる点もメリットの一つです。コンタクトレンズは、装着や着脱がメガネほど簡単ではありません。取り扱いもより慎重にならなくてはなりません。しかし、近年の使い捨てコンタクトレンズの普及により、ある程度は改善されている点でもあります。過酷な環境で使用する人や、視力の変化が著しい低年齢のお子様には、こちらを試されてはいかがでしょうか。視力矯正が必要な人は、よりご自分に合う方法を選択するためにも、比較検討を怠らないでください。