コンタクトレンズとメガネ

コンタクトレンズ メガネ

シーンによって使い分け

明治時代から昭和時代の始めまでは目が悪い人の目の矯正道具といえばメガネしかありませんでした。そのため、結婚式であってもどのようなシーンであっても昔の人はメガネをかけているしかありませんでした。

しかし現代では、コンタクトレンズというものが発明され、多くの人が使っています。コンタクトレンズはなんといってもとても便利です。まず顔を洗う時もつけたまま洗えますし、ソフトレンズであれば球技などのスポーツをしても全く問題ありませんし、水泳もゴーグルをつければできます。また、視界がはっきりしているので周りの景色がきれいに見えます。自分の結婚式でウェディングドレスを着てきれいなヘアメイクをしてもらってもコンタクトレンズは外には見えないのでとても美しい花嫁になれます。

このようにコンタクトレンズには長所がたくさんあり、メガネとコンタクトレンズの使い分けをしやすいです。では、どんなシーンでコンタクトレンズを使ったらよいかというと、自分の結婚式など華やかなドレスを着る時やスポーツをする時、華やかな場所に行くとき、オシャレをして顔を見てもらいたい時などです。

逆にメガネをかけたほうがよいシーンは、外出せずずっと家にいる時や、目に傷がついていたり瞼にできものができたりしている時、またオシャレなものを持っているのでそれをかけたい時などです。

このように上手に使い分けることによって、毎日の生活をより楽しく過ごすことができます。

ナチュラルだけど印象的なカラコンはSEED「アイコフレ」